美術館

コクリツコウゲイカン

国立工芸館

国立工芸館

kokuritu kougeikan

050-5541-8600

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、営業時間・店休日など変更となっている場合がございます。
住所 3-2, Dewamachi,, Kanazawa-shi, Ishikawa
金沢市出羽町3-2
交通・アクセス 金沢駅東口から北鉄バス
3番乗り場:18系統に乗車(約12分)、「広坂・21世紀美術館(石浦神社前)」下車徒歩7分
7番乗り場:どの系統でも乗車可(約11分)、「広坂・21世紀美術館(しいのき迎賓館前)」下車徒歩9分
6番乗り場:乗車(「柳橋」行を除く)(約12分)、「出羽町」下車徒歩7分
TEL 050-5541-8600
開館時間
9時30分~17時30分です。
※閉館の30分前までにご入館ください。
※料金は展覧会により異なります。
店休日 月曜日
※祝日又は祝日の振替休日となる場合は開館し、翌日休館)、展示替期間、年末年始です。
その他、臨時に開館・休館することがありますので、HPにてご確認ください。
駐車場
約250台(文化施設共用駐車場)
サービス バリアフリーお子様同伴可授乳スペースおむつ替え可
リンク

オススメ

・松田権六の仕事場 金沢市出身の漆芸家・松田権六(1896年~1986年)の工房を移築し、作家ゆかりの制作道具や関連資料を展示するほか、記録映像をご覧いただけます。
・タッチパネルで楽しめるコーナー 工芸とであう 工芸にはじめてふれる方のために、各技法や専門用語などを高精細2D・3D画像でわかりやすく紹介します。
・アートライブラリ・ミュージアムショップ ライブラリでは国内外の工芸に関する図書や資料を収集・保管。閲覧室にて工芸関連書籍をお楽しみいただけます。
ショップでは展覧会図録やグッズ、書籍を販売しています。

お店・スポットからのメッセージ

国立工芸館は日本を中心とする近・現代の工芸・デザイン作品を専門とする美術館です。建物は、明治期に建てられた旧陸軍第九師団司令部、庁舎、旧陸軍金沢偕行社を移築し、過去に撤去された部分や外観の色などを復元して活用しています。


おすすめのクチコミ  (9 件)

このお店・スポットの推薦者
宝船
宝船 さん (女性/かほく市/40代/Lv.59) (投稿:2020/11/01  掲載:2021/01/29)
  • 宝船
    宝船 さん  (女性/かほく市/40代/Lv.59)

    展覧会…未来へつなぐ陶芸〜伝統工芸のチカラ展を事前予約でチケットを取ってから行きました。 その後に「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2022 in兼六園周辺文化の森〜風と緑の調べ」の国立工芸館でのチェロコンサートに。 演奏はオーケストラアンサンブル金沢のコンサートにも特別出演中のウクライナから避難中のチェロ奏者親子、テチアナ・ラヴロワ&ヤーナ・ラヴロワ。 向かって右側の事務所棟で開催、展覧会はいつも左側の棟なので右側の棟に初めて入りました。 建物の中はとても綺麗でした。 (投稿:2022/05/04   掲載:2022/05/06)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:3
  • 宝船
    宝船 さん  (女性/かほく市/40代/Lv.59)

    入館は事前にネット予約して行きました。 子供でも工芸館を楽しめるようにと子供向けのイベント「たんけん!こども工芸館ジャングル-パラダイス」という企画があったのでそちらで予約。 先着のコースターがもらえたり、子供が楽しく回れるようにマップにシールを貼っていくものなど娘と楽しみました。 (投稿:2021/07/30   掲載:2021/08/02)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1
  • ぴぃーよ
    ぴぃーよ さん  (男性/金沢市/30代/Lv.36)

    オープンしてからなかなか行く機会がなかったのですが今回、加賀百万石回遊ルートスタンプラリーで尾山神社から鼠多門、兼六園、歴史博物館そして国立工芸館にはじめて来ました。入口では徹底したコロナ対策がされておりさすがだな思いました。館内にはタッチパネルで操作する最新技術的な画面もありました。芸術にはうといのですが展示されている作品を拝見するとなんかすごいなってわからないなりに感じることができました。 (投稿:2021/01/29   掲載:2021/02/01)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:2
  • エイエイ
    エイエイ さん  (女性/金沢市/60代/Lv.27)

    いつも素敵な外観を見て、ずっと行きたいと思っていた国立工芸館。オンライン予約はしてなかったのですが、窓口で当日券が買えるかも・・・という事で、行ってみたら入れました。ところどころにスタッフの方が立たれていて、質問すると大変丁寧に色々教えてくださいました。旧陸軍庁舎や偕行社の話は歴史の浪漫を感じました。 (投稿:2021/01/29   掲載:2021/02/01)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:2
  • すまいる
    すまいる さん  (女性/金沢市/50代/Lv.20)

    10月にオープンしたばかりの国立工芸館に行ってきました。しかしながら予約をしなかったのですぐには入れず、とりあえず外観だけ楽しんできました。建物自体がとてもかわいいです。ちょうど紅葉がきれいな時季だったので、この辺り一帯が外国みたいな雰囲気で素敵でしたよ。今は緊急事態宣言真っ只中で観光客は少ないハズ。行くなら今だ!休みの日に晴れて欲しいな。 (投稿:2021/01/23   掲載:2021/01/29)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1
  • k.i
    k.i さん  (女性/野々市市/40代/Lv.22)

    新聞等で拝見して日本海側で初の国立美術館が開館したので行ってみたいと思い知人と工芸を鑑賞してきました。聞いたことがある松田権六さんの黒塗りの漆器あり、陶器、ガラス、染織など様々なものがありました。名誉館長は中田英寿氏が就任ですが、サッカーの他に工芸が趣味なんて知りませんでした。展示場は綺麗でした。 (投稿:2020/12/31   掲載:2021/01/29)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0
  • ざきやま
    ざきやま さん  (男性/金沢市/50代/Lv.47)

    開館してから一度は・・・と思っていた時、嬉しい事にお誘いもあり初めて伺いました。 国立という事もあり感染対策はかなりシビアでしたが、逆に安心して入館することができました。 ちょうど記念展の“工の芸術”が開催されていて、素材・わざ・風土に分かれ三つの会場での展示がありました。 中でも重要文化財である“十二の鷹”の躍動感には目を奪われました。 作者の方は実際に鷹を飼われ写生を繰り返し、制作に3年をかけたとあった案内文には感心しました。 (投稿:2020/12/25   掲載:2021/01/29)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:2
  • ガチャ
    ガチャ さん  (女性/金沢市/40代/Lv.28)

    人数制限から、入るときに予約が必要とあったのですが、当日入場で入れたので行ってきました。『特別展 工の芸術― 素材・わざ・風土』を観てきました。板谷波山や松田権六、木村雨山など多くの工芸が陳列されており、繊細な技を間近に見てこれました。建物も旧陸軍施設を移築されたもので、2階に上がる階段の手すりの装飾や使い込まれたところなど、当時の息吹に触れる思いがします。 (投稿:2020/12/06   掲載:2021/01/29)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:2
  • 宝船
    宝船 さん  (女性/かほく市/40代/Lv.59)

    10/25に開館したばかりです。 入場は事前ネット予約でチケットを取る形になっています。 予約時での先払い、バーコードチケットを提示しての入館でした。 予約は1時間区切りとなっていて、15:30に予約しましたが、入場は15:30〜16:30の間ならOK、退出の時間制限は無くゆっくり見られました。 特別展「国立工芸館 石川移転開館記念展Ⅰ 工の芸術―素材・わざ・風土」開催中。 素晴らしい作品の数々に魅了されました。 ほとんどが写真撮影OKでした。 (投稿:2020/11/01   掲載:2021/01/29)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

周辺のお店・スポット